親指シフトのための自作キーホード入門

自作キーボードのCorne Cherry Lightを使い始めて一ヶ月あまり。快適に親指シフトしている。

▲関連記事
▲関連リンク

キーボードへの不満がほぼ解消した。姿勢が良くなった。運指のストレスが減った。このキーボード作ってよかった!

一ヶ月前まで使っていたHHKBを久しぶりに触ってみたら、姿勢が窮屈で、キーの配置も不自然で、もう既存のキーボードには戻れないカラダになってしまった。

つまり、市販のキーボードには戻れなくなってしまった。なので、もう1台、いや最低でも2台は作りたい。このCorne Cherry Lightは自分にとってプロトタイプのようなもので、初めての電子工作だから、ハンダ付けや組み立て精度はかなり怪しく、いつ動かなくなっても不思議ではない。

じゃあ、あと何台か作るとして、どんなキーボード作ろうか?

Corne Cherry なら親指シフトのキーマップが公開されている

自作キーボードは自分でキーマップを作れるのが特徴だ。標準的なキー配列は最初から用意されている。

しかし、親指シフトのキーマップなんてのは一部を除いて無い。欲しけりゃ自分で作るしか無い。スキルがない私にはハードルが高い。

かえうちでなんとかする、という手もある。でもネイティブで親指シフトに対応したキーボードが欲しいのよね。自分で勉強して作るしかないか。しかし設定ファイルを開いてみてもなにがなんだかさっぱりで。

……と思いつつ検索してたら、Corne Cherry 用の親指シフトのキーマップを作って公開されている方がいたので、Corne Cherry Lightの作成に踏み切ったのだった。ありがたい。

他に、親指シフト用のキーマップが公開されている自作キーボードを探してみた結果を以下に。

▼QOL56

これはキーマップというか、自作キーボードそのもの。はじめから親指シフト専用に設計されてて、キーマップも専用のものがある。

しかしキットは存在しない。データをもとに、自分で基板を発注し、パーツを揃えて作る。

リンク先の完成図、うっとりするほど美しい。親指シフトのために設計されたキーボードに、そのためのキーマップ。これで作文できたら素晴らしいだろうな。ハードル高いが、挑戦してみようかな。

▼XD64

XD64という、HHKBライクな60%キーボード向けの親指シフトキーマップ。

▼キーマップを移植された方のキーボード。カッコええ……

左右対称で分割 40%で親指重視 これがちょうどいい

というように、親指シフトのキーマップが公開されている自作キーボードは少ない。

キーマップをあれこれできるスキルがない、でも親指シフトネイティブな自作キーボードが欲しい! なら、現時点では、キーマップが公開されているCorne Cherry や、XD64というのが選択肢か。

Corne Cherry Lightの、

  • 左右分割
  • 左右対称
  • 40%キー
  • 親指重視

という特徴は、親指シフトにマッチするし、キーマップもよく練られていて、考え抜かれた道具に手が馴染んでいく感覚は、なんともいえず気持ちいい。

もう1台作るなら、またCorne Cherry Lightがいいかな。慣れてるし。

静音タクタイルでスコッと押したい

自作キーボードはキースイッチを自分で選ぶ。

Corne Cherry Lightには、Aliaz Silentというのを選んでみた。静音でタクタイル。いざ使ってみると、ちょっとバネ感が強い。タクタイルは好みで、親指シフトにも向いているとは思うが、もっと軽くて、スコッと押し下げられる感触だといいな。

スイッチをひとつずつ開けて、潤滑剤を塗布する(ルブする)というチューンもある。次の自作キーボードはそれもやってみたい。

キーキャップでタッチしやすさがかなり変わる

キーキャップにも色々な形状があって、Corne Cherry LightにはDSAというものを選んだ。全てのキーが同じ高さ。

HHKBなどクラシカルなキーボードは、指の届く範囲に合わせて、キーキャップ表面が弧を描くような形になってて、あれはとても打ちやすかったんだな、ということに気づいた。

とはいえ、Corne はキーがわずか3段で、キーが遠くてホームポジションを維持できない、というほどでもないんだけど。

無刻印にしたのは、これを機会に完全なタッチタイプを身につけようと決意したから。次のキーボードは、指の形に合わせた形でありながら無刻印がいいなと思ってるんだけど、そういうのはあまり見かけなくて、要研究。

自作キーボードを検索すると、カッコいいキーキャップを装着したキーボードがズラーッと出てきて頭がクラクラして、これはなんなのだろうと調べてみたらGMKとかまた沼なので、あまり踏み込まないようにしたいです。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。