薄い財布ブッテーロレザーを4ヶ月使ったからレビューする

abrAsus (アブラサス)の「薄い財布 ブッテーロレザー」を使い始めて4ヶ月たった。

実は、最初の2ヶ月は使いにくくて「失敗だったかな」と感じたんだけど、この財布に慣れて、レザーも馴染んできた今では、もう他の財布は使えない。

新品のときの薄い財布ブッテーロ

▼楽天の公式ショップで購入。

妻と、お互いの誕生日プレゼントに同じものを送りあったので、2つある。

▼期間限定でギフトラッピングが無料だった。

▼良いもの感がある。

▼ブッテーロというと、もっと高級感あると想像していたが、そんなでもない。まあ、黒のレザーってそんなものか。

妻には同じくブッテーロで色違いのブルーをプレゼントした。新品時の写真が見つからなかったが、こちらは透明感のある、表情豊かな、美しい青だった。

▼小さくて、頼りなくさえある。

▼これまで使っていた長財布と比較。

▼小さい分、当然収容能力は劣る。

▼カード3枚、紙幣4枚、小銭数枚を入れてみた。

収納するカードはかなり厳選した。

メインのカード(viewスイカ)、法人のカード、マンションの不在ボックスのカード、のみ。

常時財布に入れていた免許証や保険証、銀行のキャッシュカード、なんとなく財布に入れているなにかのポイントカードなどは、別途保管するか廃棄した。

しかしこれが使いにくい。財布が小さく軽くなったのはいいが、紙幣は出しにくいし、小銭の出しにくさ、入れにくさはいやになってくる。

この財布は、現金を扱いやすくするためにデザインされているのではない。

できるだけ少ないレザーで、効率的に現金とカードを収納するデザインなのだ。そう理解し、体を慣れさせるまで、2ヶ月ほどかかったかな。

4ヶ月使って馴染んできたようす

そうこうしているうちに、ふと気づくと、薄い財布に感じていた使いにくさが消えていた。

▼4ヶ月、毎日使って革が馴染んできた。

▼黒い革はエイジングがわかりづらいが、ブッテーロレザーが馴染み、なんともいえない感触となってきた。青は透明感のある美しい色になってきた。

▼青は傷が目立つが、道具として毎日使っているから。

▼小銭入れをパチンと止め、紙幣入れの端を差し込んではめる。この構造が美しい。

薄い財布の使いこなしは現金払いを止めること

紙幣と小銭という、全く異なるフォーマットの物質を効率よく収納し、スタンディングで、数量を管理しながらすばやく出し入れするには、従来の長財布が最強だ。現金を扱う機会が多いなら、薄い財布は「使いにくいアイデア商品」でしかないだろう。

薄い財布を使いこなすコツは、できるだけ現金払いをやめること。

カード払いもやめて、全部スマホ決済すれば財布そのものが不要となるが、それはまだ難しい。現金決済のみの、果物と野菜がうまい行きつけの八百屋からは離れられない。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。