2019年に買ってよかったものベスト10

2019年に買ってよかったものをまとめておこう。

1位 オフィスの床

我が家は部屋をひとつオフィスにしている。自宅がオフィスって最高!

しかし我がオフィス、和室で畳敷きで、そこに机と椅子を置くと、いまひとつカッコよくない。そこで、リフォームしてフローリングにした。

自分だけのカッコいいオフィス、あるいは書斎を持ちたい、というのは男の夢ではないだろうか。これで夢に一歩近づいたわけだ。

壁紙とか、押入れとかは和室のときのままなので、いまひとつ垢抜けないんだけど、ぼちぼちインテリアを整備していきたい。

2位 iMac 5K

2019年の正月に購入した。モデルチェンジ直前だったので最新モデルではないが、メモリを40MBにしたこともあり、性能はまったく問題ない。

▲関連記事

3位 無印のスチールユニットシェルフ

オフィスの収納に、無印のスチールユニットシェルフを導入した。

ミニマルでスマートなオフィスを作りたいのだが、現実的なオフィスはそうはいかない。雑多なものが増える。せめて機能的なオフィスを目指したい。

4位 無印のステンレスユニットシェルフ

▲関連記事

キッチンにはステンレスのユニットシェルフを導入した。スチールに比べると値段が高いが、食事はほぼ自炊でキッチンにいることが多く、快適な自炊環境にも投資していきたく。

無印のシェルフはシステムとなっており、スペースを有効に生かせるのがいい。小物も規格がそろっていて、後から追加しやすい。

5位 ルンバ 690

想像以上の働き者。ルンバを導入すると、ルンバが掃除してくれる範囲を広げたくなり、ものを床に置かなくなり、部屋か片付いていく、という好循環に。

6位 iPhone11 Pro Max

iPhone Xから買いかえた。カメラの性能がいい。画面もある程度の大きさがあるので、1〜2泊程度の出張ならノートパソコン持たなくてもいいんじゃないかと考え、試行中。キーボードあればなんとかなりそう。

7位 自作キーボード Corne Cherry Light

Windows95でパソコンに触れ20数年。キーボードの配列はずっと同じだった。納得していたわけではない。選択肢がなかったからだ。

しかし、自作キーボードの流行で、ついにユーザーが自分にあったキーボードを選べる時代が到来した。

8位 α7RIIIとSEL24105G

カメラはマイクロフォーサーズだったが、フルサイズを使ってみたくなりソニーへ。人でも猫でもビシビシと瞳にオートフォーカスが来るし、出てくる絵にもなんの不満もない。

9位 システム手帳のバインダー レクタングル

バイブルサイズのシステム手帳を再び使い出した。

「起業手帳」として薄いバインダーが欲しく、アシュフォードのレクタングルを購入。地味ながら、上品で、端正。皮革も上等で、いつまでも触っていたくなる。

10位 ワークマンのウェア

ワークマンがいいと聞き、ホントかよと思いつつ買ってみたら素晴らしかった。この値段でこの品質。暖かく、ストレッチするので動きやすい。

大人気なのもわかる。

外出時には、エアロストレッチブルゾンがコート代り。軽く、暖かく、動きやすく、安い。

オフィスでのデスクワークは、下半身の冷えがつらいのだが、マイクロウォームパンツがあればもう大丈夫だ。見た目のゴツさからは考えられないほど、柔らかく、着心地がいい。

あんまりいいので、ジョガータイプをすぐに買い足した。

まとめ 今後も環境整備に投資していきたい

ということで、2019年に買ってよかったものをまとめた。

振り返ると、自宅の環境整備におかねを使っているのがよくわかる。究極的には、部屋すべてをスケルトンしてリノベーションしたい。いくらいるんだろう?

そのためには、おかねとともに、どんな部屋にしたいか具体的なイメージが必要だ。

今後はそのイメージづくりのため、いい部屋を見る機会を増やしたい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。