フリクションポイントノック04を使う 弱点を潰し生まれ変わった最強の消せるボールペン

文具屋に、新しいフリクションのノック式ボールペン「フリクションポイントノック04」があったので試し書きしてみたら、これまでのフリクションの弱点をすべてつぶして最強の消せるボールペンとなっていたので即座に購入して使い始めた。

ここでは、従来のフリクションボールノックとフリクションポイントノック04を比較し、どこか生まれ変わったのかチェックしてみよう。

一見これまでと同じだが 実は生まれ変わったポイントノックの軸

フリクションポイントノック04は2019秋発売の新製品。

これまでのノック式のフリクションは、「フリクションボールノック」という名前。

フリクションシリーズは膨大な製品数で、名前も似ていて、何が何だかわからない。

ここでは、新製品を「ポイントノック」、旧製品を「ボールノック」とだけ覚えておこう。

▲上からボール05、ポイント04、ボール07

ポイントノックの軸のデザインは、一見ボールノックと同じに見えるが、実はリニューアルされている。軸はボールの11ミリから0.5ミリ細く、10.5ミリへ。たった0.5ミリの違いだが、持ってみるとボールとポイントはまったく別のペンだ。

ペン先とクリップは金属製に。全体的に、スマートに洗練された印象だ。

ボールはノック式の消せるボールペンとして大ヒットしたから、そのイメージを引き継ぎつつ、リニューアルしたのだろう。

「シナジーチップ」でフリクションなのに極細で濃い筆跡

「ポイント」と「ボール」の最大の違いはペン先だ。

パイロットの技術「シナジーチップ」により極細かつ滑らかで濃い筆跡を実現したという。

シナジーチップといえば、私的最強の極細ゲルボールペンである「ジュースアップ」と同じだ。

▲パイロット公式のジュースアップ紹介

フリクションは、インクが薄く、筆跡が滲みやすい気がするので、これまで避けていた。

「書いた筆跡を消せる」というのは大きな特徴だが、書きにくくては意味がない。

しかし、ポイントノックは良い意味でフリクションぽくない書き味。ジュースアップと同じペン先を採用し、これまでのフリクションの弱点を潰し、最強の消せるボールペンとなった感がある。

▲ボールノックとポイントノックのペン先比較

▲リフィルを比較

ボールノック05とポイントノック04の違いは、数字ではたった0.1ミリだが、シナジーチップによる書き味向上と、インク流量の増大で、体感的にはそれ以上だ。

というわけで、フリクションポイントノックが現在最もお気に入りペンに。

消せるって便利……

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。