Tシャツやタオルを白で統一すると気持ちいい

Tシャツ、タオル。身の回りのものを白で統一し始めた。

「今日は何を着ようか」と迷わずにすむ。

清潔感が上がる。

古びればすぐにわかるので交換しやすい。

新しいものを買うときも迷いがない。シンプルで気持ちいい。

理想は病院の「白」

インテリアの理想は病院。全部白。シンプルで、清潔感があって、無機質で、落ち着く。迷いがない。

シーツやカーテンも、できるたけ白に交換している。家の中を全部に白にできるのはまだまだ先だ。

白はいい。

最近はスーツを着る機会が減り、夏はTシャツが多いのだが、昨年から「Tシャツは白無地しか着ない」というルールを作った。

ユニクロUの「クルーネックT」がお気に入り。安いし、生地が厚くて耐久性あるし、サイズ感もちょうどいい。2019年のは首後ろのタグがなくなり、一層シンプルでいい。

Tシャツは若者にしか似合わない。究極にシンプルな白無地はなおさらそう。50歳前のオジさんが着ても貧乏くさいだけ。

それでもいい。

買う、着る、捨てる、また買う。白無地なら、全てにおいて迷いが断てる。

「変な色」を身の回りからなくす

タオルを収納している引き出しを開けると、変な色や柄が目に飛び込んでうるさい。

これを全部白にしたい。

まだ不完全だが「変な色と柄」のタオルを捨てて、新しく買うのは「白無地のタオル」に限定した。いくつかの製品を買ってみて、無印の「オーガニックコットン混しなやかフェイスタオル・薄手/オフ白」を定番とすることに決定。

Tシャツと同様、買う選ぶ捨てるの迷いがなくなり、生活がシンプルになる。

そういえばApple Watch もバンドは白だ。

持ち物もインテリアも、どんどんシンプルに、白くしていきたい。

▲関連記事

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。