クラシックシェービングでスキンヘッド 両刃カミソリで頭を剃る

ハゲなので頭を丸めている。スキンヘッド歴は20年ほど。頭を剃るには電気シェーバーを使っている。

▲関連記事

便利なんだけど。

ソープを泡立てて、両刃カミソリで剃り上げるクラシックシェービングを楽しんでみたくなった。

皮膚を切ってケガしないかな。でもやってみるか。

美しいデザインの両刃ホルダー メルクールの334c

クロムメッキの金属塊に心が躍る

▲メルクールの334cという両刃ホルダー

まず買ったのはこれ。箱に「ゾーリンゲン」と書いてある。ドイツの都市で、刃物が名産らしい。

「魁!! 男塾」で男爵ディーノが使った「ゾリンゲン・カード」もここの産なのだろう。

▲入ってるもの

ホルダー本体、刃が一枚。

▲クロムメッキ仕上げで重い

手に持つと重い。ドイツ製。クロームメッキ仕上だが、高級感はそれほどでも。実用本位の道具、といった雰囲気だ。

▲飾り気がない

こういった、金属製の小さなツールは、

▲実用性だけを高めたデザイン

なぜか男心をくすぐる。

▲ムダがなく美しい

ヘッド部のドームのようなこの形状が、一枚刃を安全に肌に当てるのに役立つ。

両刃ホルダーにカミソリ刃をセットしよう

▲替え刃

なぜこのような形なのか。今、数十年来の謎が解けようとしている。

▲薄く、しなる

このしなりにもわけがある。

▲両刃ホルダーを分割

ホルダーハンドルの尻はノブとなっており、回すとこのように分割できる。

▲ここにカミソリをはさむ

これ! ヘッドのこのかたち。ここにピタリとはまって固定するために、一枚刃の両刃カミソリはあの形状をしているのだった。

▲切れ味鋭いから注意

カミソリ刃をはさんで、パーツを戻し、ノブを回して固定すれば、

▲セット完了

刃をセットできる。

▲刃がしなって弧を描く

二つのパーツにはさまって、刃が弧を描いてしなり、毛を剃るためにちょうどいい角度で固定される。これはおそらく、安全のために、決まった角度でないと切れないようになっているのだろう。

▲メルクール純正替え刃

メルクール純正の替刃も同時に購入した。10枚入りで1000円ほど。1枚100円の計算だ。安いのを探せば1枚30円程度で見つかるが、刃の切れ味はメーカーによって様々だそうで、慣れるまでは純正が安心だろうと考えた。

5枚刃の安全カミソリの替刃と比べると、おどろくほど安い。

いいシェービングブラシだと剃るのが愉しみとなる

イタリア製のイノシシ毛ブラシ ポロラーソ

休日は、シェービングソープを泡立てて、両刃カミソリで頭とひげを剃るようになった。

シェービングソープをブラシで削りとり、ボウルで泡立てて、頭皮や顔に塗る。しかし、安物のブラシだと、コシがなくてやりづらい。

そこで、PRORASOというブランドのちょっといいシェービングブラシを使ってみた。

▼妻がクリスマスにプレゼントしてくれた

包装が雑。最近の中国製の方がよほどしっかりしている。包装だけは。

▼イタリア製。能書きもイタリア語

PRORASO(ポロラーソ)というブランド、イタリアではプロも使う道具らしい。

かたい毛と太いハンドルで作業しやすい

▼このブラシ、イノシシの毛

安物シェービングブラシは、ナイロン毛。高級なものはアナグマの毛。というのがシェービングブラシの定番らしい。イノシシ毛は、ちょっと珍しい。

さわってみると、かなりかたい。アマゾンのレビューはすべて英語なんだけど、翻訳してみたらやはりみんな「硬い」と言っている。

▼今まで使っていた安物のブラシと

正直なところ、ハンドル部分は、安物のほうが高級感あるかも。

ポロラーソはメッキが安っぽい。太くて握りにくい。……と思ってたらこれが計算した形状なのか、ソープを削りとり、ボウルで泡立てるには、このぐらい太いほうが手首が疲れにくい。

安物は、このハンドルのくびれがカッコいいいが、握りにくい。

イノシシの硬い毛とごついハンドルのおかげで、ソープを削り、泡だて、頭や顔に塗る、という動作が、やりやすい。

できる泡までちがう。きめ細かで、クリームのような泡が、立ち上がってくる。自分のシェービングのテクニックが数段上がったような気さえする。

耐久性が高くて抜け毛がない 獣臭いのが弱点

安物ブラシはシェービングのたびに毛が抜ける。使うたびによく抜けるから、耐久性はそんなに高くはないだろう。

ポロラーソは、繰り返し使っているが、抜け毛は2本程度。イタリア製というと故障が多いイメージだが、そんなことはなかった。品質は高い。

▼ブラシ、両刃ホルダー、シェービングソープ

ドイツ製とイタリア製でそろえたシェービングの道具たち。

単なる作業だった「頭とひげを剃る」という行為が、愉しみの時間となった。

ポロラーソのブラシにも欠点はあって、獣臭い。イノシシの臭いなのかな。

アマゾンのレビューでも、みんな「臭い」と言っている。4、5回使って洗うと、完全になくなるけど。

クラシックシェービングの快楽を再び

ということでメルクールの両刃ホルダーと、ポロラーソのシェービングブラシのレビュー。

両刃カミソリとホルダーは、複数枚刃の安全カミソリや電気シェーバーが登場する以前の、過去の遺物だと思っていたが、まったくそんなことはなかった。

「剃る」ということにおいては、現在でも両刃カミソリがナンバーワンだ。刃がダイレクトに肌に当たるんだから。

慣れるまでは何度か出血するかも。でも、大したことじゃない。両刃ホルダーやシェービングソープやブラシなど、お気に入りの道具をそろえ、肌をきちんとメンテすれば、クラシックシェービングは至福の時間となる。

今でも、学生のころに通っていた理髪店のことを思いだす。白髪でやせた老理髪師がシェービングしてくれるときの気持ち良さ。あれを自分で自分にやってみたいんだ。

  • 2019-07-18初出
  • 2020-08-10改訂

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。