Ankerのワイヤレススピーカー Soundcore Motion+ を買った

オフィスで仕事中にBGMを流したく、スピーカーを購入した。Ankerのワイヤレススピーカー Soundcore Motion+ (サウンドコアモーションプラス)というやつ。

Soundcore Motion+ を開封する

Soundcore Motion+ が届いた。

同梱品。ケーブルは左が充電用USB(買ってから気づいたがUSB-C入力だった)、右がAUX。

写真で見るSoundcore Motion+

サイズ感。ずっしりくる重さ。1050グラム。

正面。金属メッシュで覆われている。

後ろから。上面、下面とも表面がラバー仕上げで持ち上げた時に滑りにくい。

上面の横に並んだアイコンはスイッチになっており、押すことができる。

向かって左側面。

向かって右側面。フタがある。開けると充電用のUSB-Cコネクタ、AUXコネクタがある。USB-Cはあくまで充電のみで、ここから音声入力はできない。入力はBluetoothかAUXのみ。

Soundcore Motion+はどんなスピーカーなのか

Soundcore Motion+の基本的な性能は下記のとおり。

  • サイズ:約257 x 79 x 81 mm
  • 重量(本体のみ):約1050g
  • Bluetooth 規格:5.0
  • 防水規格:IPX7(※一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない)
  • オーディオ出力:30W
  • 充電時間:約4時間
  • 再生可能時間 :約12時間
  • AUXケーブル接続によりハイレゾ音源を再生
  • 最大30Wのオーディオ出力
  • ワイヤレスペアリングで2台のSoundcore Motion+によるステレオ出力が可能

なぜSoundcore Motion+を選んだのか

自宅をオフィスにしていると、ものが増えがち。できるたけものを増やしたくない、そして配線も増やしたくない、ということから、どこにでも設置でき、配線が必要ないワイヤレススピーカーを検討した。

ワイヤレススピーカーというと、AnkerのSoundcore Motionがベストセラーなのだが、持ち運びはせず、オフィスで使うのがメインなので、ちょっと音が良さそうなSoundcore Motion+にしてみた。

普段は背後に置いてMacからBluetooth接続でBGMを鳴らしている。私は音に関する素養がないのだが、同じ音源でも、Macで鳴らしていたときには聞こえなかった音がSoundcore Motion+では聞こえてるな、ぐらいのことはわかる。

音がいいからか、耳障りにならないので、ずーっとBGMかけておくことができる。

かなり大きな音で鳴らしても、音楽が割れないのはいい。友人を招いてベランダでバーベキューするときも、快適にBGMを流すことができるだろう。

今後は、他のデバイスと接続して音を出してみたい。ビデオ観るときに、AUX出力してみるとか。Amazon echo dotもAUXで出力できるから、試してみよう。IPX7なので、風呂に持ち込んで音楽聴くこともできる。

こういうのは全部、ワイヤレスであることの恩恵だ。正直、使ってみるまでは「スピーカーがワイヤレスである必要あるの?」 とも思っていたが、実際に使ってみると想像以上にワイヤレススピーカーは便利だ。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。