「モビロンバンド」で溶けたりちぎれたりする輪ゴムとさよならする

モビロンバンドという輪ゴム状のアイテムを、高城剛氏の「LIFFE PACKING」で知ったので買ってみた。輪ゴムのようにちぎれたり溶けたりしないという。

モビロンバンドってなに? TPUをリング状にしたものです

モビロンは日清紡テキスタイル株式会社が開発した素材。

▲モビロンバンド公式

熱可塑性ポリウレタン(スマホケースの素材でよく使われるTPUのこと)を輪ゴム状にした製品。輪ゴムと比べると高コストだが(今回買った100g入りで900円弱)、耐久性が高く、劣化しにくい。

第一印象は、薄くて頼りないプラスチックの破片、みたいな。これで輪ゴムの代わりになるの?

しかし引っ張ってみるとかなり伸びる。これはどうか、というところまで伸ばしてもちぎれる気配がない。この状態が、輪ゴムのように劣化せず長時間続くのなら、高コストも納得できる。

溶けたりくっついたりする輪ゴムに困る

ケーブルや小物などを結束するのに輪ゴムはそれなりに便利だが、固くなったり、溶けたり、ちぎれたりしがち。特に、プラスチックやビニール素材に溶けてくっついて固まったりすると、後処理にかなり困ることになる。

モビロンバンドを何につかうのか コードをまとめたり カギに付けたり

この写真、電気毛布のコード。輪ゴムでくくってしまい込むと、来シーズンに使おうとして取り出したら輪ゴムが溶けてちぎれてコードにくっついてイライラすることになりそうだが、モビロンバンドなら大丈夫だろう。

最近、持ち物を減らす取り組みをしており、キーホルダーはムダだなということで撤去し、カギだけを持ち運んでいるが、この状態だと手からこぼれやすい。エレベーター内でカギを取り出して落としてドアの隙間から下に落としてしまう、というミスをやってしまいそうだ。

で、モビロンバンドをキーホルダーの代わりに取り付けてみた。これだけで落としにくくはなる。しかし、モビロンバンドは表面がツルツルでしなやかなので、ポケットの中でほどけてカギから取れてしまうという問題が。

カギに固定するいい方法がないか、思案中。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズナリ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。