Apple Watch Series 4を買って半年 いったい何に使っているの?

apple watchが手放せないカズナリ(@kenkonkenn)です。

Apple Watch Series 4を買って半年以上たった。先日商談中に、取引先のコワモテ社長が顔を寄せてきて、なにか面倒な話かと身構えたら「それapple watchだよね? 面白い? なにができるの?」と質問攻めにあったりしたので、実際なにに使っているのかまとめておきたい。

▲関連記事

apple watch この機能が手放せない

毎日、起きているときも寝るときもapple watchを装着しており、これ無しでは生活できないほど愛用している。apple watchはいろいろなことができるが、具体的にどの機能を愛用しているのか、重要なものから上げていく。

睡眠ログが面白い 睡眠の質向上のために禁酒が進む

実は購入前にはまったく考えていなかった用途だが、睡眠記録が面白すぎてハマっている。アプリは「AutoSleep」を。

歳をとると眠りが浅くなり、寝たはずなのに疲れが取れず、かといって眠ろうとしても長時間眠れない。健康オタクであり、バイオハッカーを目指しているので、ではまず睡眠を記録してみようということで本アプリを使ってみたら睡眠の質があまりに悪くておどろき、改善に取り組んでいるところ。

いろいろと試したところ、睡眠の質にダイレクトに影響するのが酒だということはよくわかった。酒を飲まないと睡眠の質は上がる。1日の禁酒ですぐにスコアが向上する、ということはなく、3日ほど禁酒すれば少しずつよくなっていく。なので、もっと長く禁酒するとどうなるのか、ということが知りたくなり、酒を飲まない日が増えている。

まさかapple watchで禁酒が進むとは思っていなかった。

モバイルSuica 便利すぎる「腕で決済」

便利すぎる。電車バスで移動するにはもちろん、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなど、ちょっとした買いものは全部これになった。しかし最寄りのよく使うスーパーがSuicaにもApple Payにも対応しておらず、クレジットカードを持ち歩かなくてはいけないのでちょっと面倒。

着信通知 これで電話取り逃しはゼロ

かかってくる電話はすぐに出て、タスクが発生したならすぐに取りかかりたい。しかし電話がかかってきたことに気づかないこともあり、なんとかならないかと思ってたのだが、apple watchならiPhoneへの着信を通知してくれるので、この問題が解決した。

ワークアウト 筋トレやウォーキングの管理に

Gymgoalで筋トレを記録しているのだが、セット完了とインターバルをapple watchで管理している。これが手元でできると便利。あとウォーキングやジョギングすると、わざわざスタートをしなくても「今やってますね?」と記録を提案してくれるので便利。

活動量計 今日座りっぱなしだから動いておこう

ムーブ、エクササイズ、スタンドの3つの活動を促してくれる機能。あの手この手でカラダ動かせ、とせかしてくれる。筋トレのモチベーション維持や、座りっぱなし防止に。

apple watch 使用状況まとめ

というわけで、今のところは睡眠ログが最重要になっている。朝起きたらまずAutoSleepを起動してスコアを確認するのが楽しみ。ほとんどゲーム感覚。

さまざまなカラダのデータを記録し、iPhoneで可視化できるapple watch。私のような健康オタクにはとても面白いガジェットだ。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。