ブレないボールペン ブレンでストレス無い書き味を楽しむ

安ボールペンでキャンパスノートにガシガシ書くのが好きなカズナリ(@kenkonkenn)です。

ゼブラのボールペン「ブレン」。軸からペン先までの一体感が素晴らしく、ストレスフリーの書き味が気に入ってしまった。

ブレンで書くと他のボールペンに戻れない

ノックだけで筆記の準備が整うため、筆記具はほぼシャーペンとノック式ボールペンしか使わない。ノック式ボールペンの弱点は、芯およびその周辺のパーツが稼働するゆえに、筆記時にペン先がカチャカチャとブレることだったが、それも過去のことと思っていた。ブレンを使うまでは。

多くの文具屋でディスプレイに力を入れているところをみると、ゼブラはブレンの拡販に相当に力を入れいてるようだ。で、店頭で試し書きしてみると書き味が気に入り、黒と赤の2本を購入し、愛用している。

近年のノック式ボールペンは精度が高まり、筆記時にペン先がブレるようなペンはほとんど無いと思うのだが、それでもブレンの軸からペン先までが一体となった「ダイレクト感」は素晴らしい。ブレンでしばらく筆記した後に、他のノック式ボールペンを使うと、微妙にペン先が安定しなかったり、内部でかすかにパーツが動いていたりすることがわかって、それがストレスで、ブレンに持ち替えてしまう。

ミニマルな外観 白軸があるのもいい

安ボールペンは変なデザインが多い。グリップがニュルッと複雑な形状で、クリップがメッキで、ロゴが強く存在を主張し。それもまた安ボールペンの味わいで、店頭で新作を発見すると「おっ、次はこうきたか」ぐらいに思ってたが、筆記してるとペンは必ず視界に入るので、存在を主張しないペンがいいことは確かだ。その点、合格点はシグノRT1とジュースアップぐらいだったが、そこにブレンも加わった。

ペン先からスルーッとなんの主張もないライン。ロゴは成形でプリントも一切無い。白色の軸があるのもいい。軸が白色だと、紙の白色に溶け込み、視界がうるさくならず、筆記に集中しやすい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。