Mac mini 2018を購入したので開封の儀を行う

どうも。ついにMac mini 2018を購入したカズナリ(@kenkonkenn)です。

けっこうスペックがんばったので、記念に開封の儀を記録しておきたい。

▲関連記事

発注して1週間 深センからMac miniが届く

▲Mac mini 2018到着

Appleストアからオンラインで発注した。約一週間で到着。

▲オープン

一瞬、これがMac mini本体かと思い、ビックリしたが、

▲箱

当然、そんなわけはない。

Mac mini 2018と付属品

▲箱を開ける

▲Mac mini本体を取り出す

▲入ってるのは本体と電源ケーブルのみ

あと説明書も入ってる。

Appleのプロダクツで、電源ケーブルが黒というのは珍しいような。

これがMac mini 2018だ

▲本体

封印シールをはぐと、

▲インターフェース

▲美しい

▲本体正面右下に小さな穴が

この穴、「えっ塗装ミス!?」と思ってテンション下がったんだけど、

▲稼働時に点灯するランプだった

▲右側面

右の角が電源スイッチ。

▲左側面

▲背面

▲裏側

発注したMac mini 2018のスペックは?

Mac mini 2018のカスタマイズの内容は以下のとおり。

  • 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7
  • メモリ32GB
  • SSD512GB

これでお値段232,800円。ぜんぜんminiじゃない。

お仕事がんばらないと……!

Mac mini 2018 開封の儀まとめ

▲ケーブルが刺さるとAppleのプロダクツのかっこよさは半減する

ということでさっそくMac miniは弊社のメインマシンとしてバリバリ稼働しているが、なんだか設定がうまくいかないところがいくつかあり(HHKBをうまく認識しない、ディスプレイの解像度を認識しない)、こういうトラブルはMacBookやiMacなどのオールインワンならなかったはずで、正直テンションが微妙に下がることもあるが、処理は激速で画面も広く(ディスプレイについては次に書く)、作業効率は劇的に向上したので、投資した分は早期に回収していきたいな、と。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。