オニツカタイガーのスニーカー「CORSAIR」(コルセア)を買った

どうも。甲高幅広でクツの選択肢が少ないカズナリ(@kenkonkenn)です。

オニツカタイガーのスニーカー「CORSAIR」(コルセア)を買ったので記録しておく。

▲以前に買ったメキシコ66ニットの記事

写真で見る オニツカタイガーのコルセア

コルセアは、メーカー公式によれば、

1970年代、1980年代に発売されたシューズをデザインベースとした復刻モデル。レトロなフォルム、色使いをお楽しみいただけます。

とのこと。

はいてみたら、60年代のトレーニング用シューズをルーツとするメキシコ66とはかなり違う。

どう違うのか。まずは写真を。

▲オニツカタイガーコルセア

▲ソールはしっかりとしており厚い

▲アッパーはほぼすべて皮革

▲シルエットはメキシコ66ほどシャープではない

▲ヒールも現代的な構造

コルセアとメキシコ66はどう違うのか

メキシコ66は細身で薄底で、シャープなシルエット。私が買ったのはニットモデルということもあり、通常のモデルよりさらにアッパーが薄く、よくフィットするのでサイズは28センチでジャストだった。

コルセアは、アッパーもヒールもほぼすべてレザー。ソールも厚い。メキシコ66より装甲がひとまわりぶ厚くなった、という印象だが、80年代後半からのゴツいハイテクスニーカーほどゴロッとはしていない。

クツ全体の剛性が上がったからか、メキシコ66と同じ28センチはキツかった。28.5センチにした。

歩いてみた印象は、メキシコ66のような「地下足袋で歩いてる感」は皆無。ソールの薄さゆえ、ちょっとした地面のでこぼこも拾い、足裏が痛くなることもあるメキシコ66だが、それがまったくない。

いっぽうで、メキシコ66の特徴である、細身薄底でシャープなシルエットはコルセアには無い。クツって小さいほうがカッコいいので、メキシコ66の小ささは気に入ってたんだけど、コルセアは少しゴツい上に、ワンサイズ大きくなったので、モッサリとしてしまう。

痛くならないクツがうれしい

コルセアはごくフツーのスニーカーなんだけど、新品のスニーカーで歩いてもどこも痛くならず靴ずれもしないというのは、私にとってはスゴいことだ。

レザースニーカーって、半分は革靴みたいなもんだからね。

アシックスの作る形が私の足に合ってるんだろうと思う。

そういえばアシックス、フォーマルな外観のクツも作ってるので、こちらもそのうち試したい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。