スキンヘッドのための電気シェーバーまとめ ハゲたら頭を丸めよう

スキンヘッド歴20年になった。

毎朝、電気シェーバーで頭を剃り上げている。20年、頭を剃り続けた経験から、スキンヘッドに適したシェーバーをまとめていく。

電気シェーバーで頭を剃っても大丈夫

頭髪を剃りあげるにはカミソリを使う方法もあるが、忙しい朝には電気シェーバーがいい。

電気シェーバーひげを剃るための道具だが、頭を剃るためにつかっても問題ない。20年間、電気シェーバーで頭を剃り続けてきてきたけど、ノートラブルだ。

スキンヘッドにはどれがいい? フィリップスがオススメです

電気シェーバーは数多くの機種がある。どれ選べばいいの?

頭をスキンヘッドにするのにおすすめの電気シェーバーは、フィリップスの9000シリーズのうち、洗浄機が付いてるやつ。

フィリップス製品の型番は複雑なのだが、「9000シリーズ」で「洗浄機付き」で「一番安いやつ」で問題ない。私はS9182/26を5年使っている。

フィリップスのメリットは、

  • ヘッドが頭皮に接する面積が広い
  • ヘッドが柔軟に動いて頭皮に追従しやすい
  • 剃ったヒゲくずが肌に残らない
  • 回転刃が肌に優しい
  • 静音で低振動
  • ブラウン、パナソニックは1年保証だがフィリップスは2年保証

など。そして、そのフィリップスでも、9000シリーズは頭皮への追従性がさらに優れている。

3枚の回転刃が頭皮に吸い付くから効率良く剃れる

フィリップスのシェーバーの仕組みは、ブラウンやパナソニックとまったく異なる。

3枚の回転刃が独立して角度を変え、肌に追従する。ブラウンとパナソニックのシェーバーも、過去に長期間使っていたんだけど、刃が肌に接する面積は、フィリップスが最も広い。複雑な曲面である頭皮に柔軟に吸い付くから、効率良く短時間で剃れる。

フィリップスには下位モデルの7000シリーズ、5000シリーズもあって、7000シリーズを2年ほど使ったこともあるが、頭皮への追従性は9000シリーズより劣る。これは店頭で実機を触ればすぐにわかるはず。

振動と音が小さい ヒゲくずが肌に残らない

フィリップスのシェーバーは、静音で振動がないのも大きなメリットだ。スイッチをオンにしてみると、ブラウンやパナソニックのユーザーなら「壊れてる?」と思うぐらい、振動も音も低い。

ブラウンとパナソニックは、往復式。モーターの回転を、刃が高速で往復する横方向に変換するから、音と振動が大きい。

フィリップスは、ロータリー式。モーターの回転をそのまま回転刃に伝える構造なので、パワーのロスが少ない。だから、振動が少なく、音が静か。

また、ロータリー式には、剃ったヒゲくずが肌に残らない、というメリットもある。ブラウンやバナソニックの往復式は剃ったあと、肌に黒くヒゲくずが残るんだけど、フィリップスはあれがほとんどない。

電気シェーバーの臭いは女性に嫌われる 洗浄機で清潔に

電気シェーバーは毎日清潔に保つため、必ず洗浄機付きを買いたい。

毎日剃ってると、ヒゲクズと皮脂が固着し、悪臭の元に。水洗いできる電気シェーバーもあるが、毎日手洗いで清潔に保つのは難しい。

シェーバーのいやなにおいは肌に残る。女性に嫌われる原因となる。ハゲは治しようがないが、臭いだけは絶対にケアしたい。洗浄機があれば、剃った後の電気シェーバーをセットして、スイッチを押すだけ。翌朝にはヒゲクズも皮脂もにおいも落ちて、充電されている。

フィリップスだけが2年保証

保証期間について。

電機店の店員さんによれば、パナソニック、ブラウンは1年保証で、フィリップスだけが2年保証だという。S9185/26を買って1年ちょっと過ぎたころに洗浄機が壊れて電機店に修理に持ち込んだんだけど、無償で新品交換となって助かった。

そこが決め手で、フィリップスを選ぶユーザーも多いとのこと。

次に、これまでフィリップス、ブラウン、パナソニックの電気シェーバーをつかってきた経験から、各メーカーの製品を「頭を剃る」という視点から評価していこう。

ブラウンはアルコール洗浄が特徴 頭皮への密着度は今ひとつ

まずブラウン。

ブラウンは、シェーバー3大メーカー(ブラウン、パナソニック、フィリップス)のうち、ヘッドの肌への接触面積がいちばん小さい。面積が大きい頭皮を剃るということでは、効率が悪いことは否めない。

鼻の下、あご回り、耳回りを仕上げるにはこのヘッドの形がいいんだけど。でも後頭部から頭頂部、おでこの方までを剃るには、効率が悪かった。

往復型という構造ゆえ、作動時の振動と音はけっこう派手だ。

洗浄機の洗浄液はアルコールを含んでいて、これはブラウンだけの特長。清潔さを保つポイントとして、ブラウンもアピールしている。しかし、しっかりと乾燥させたにもかかわらず、洗浄液が肌につくことがあって、そのアルコールの感触が好きではない。

また、パナソニックにも共通する弱点だが、往復式は剃ったヒゲくずが肌に残るのが不快だ。暑い季節だと、汗がヒゲくずを含んで黒くなりながら肌を流れ落ちていくのがストレスとなる。

パナソニックは頭皮への追従が気持ちいいが破損しやすい

パナソニックのラムダッシュは、ブラウンと同じ往復型。しかしブラウンよりもヘッドは大きい。首振りが柔軟で、頭皮への追従性はブラウンよりも高い。

振動と音は、往復型なのでやはり派手だ。

デザインや質感は安っぽい。他の2社はヨーロッパメーカーらしくアダルトなデザインなんだけど、ラムダッシュは子ども向けの雰囲気だ。

下位モデルには運搬用のハードケースが付属しておらず、ただの巾着袋なのは減点だ。プラスチック製のヘッド防護カバーは付いているが、持ち運びのときに外れてしまい、刃が破損したことがあった。

歯が破損しやすいのは、ラムダッシュの弱点のようだ。持ち運びしておらず、落としてもいないのに、刃が破損したことがあった。刃の耐久性は低いのだろう。

フィリップスは円運動でパワーロスが少ない

スキンヘッドにいちばんオススメの電気シェーバーはフィリップスの9000シリーズだ。

その理由は、先に書いたとおり。

さらに付け加えれば、ブラウンやパナソニックの往復式よりも、フィリップスの回転式のほうが「道具としてスマートだ」と思う。

回転するモーターの動きを、そのまま刃の回転につかうので、エネルギー効率がいい。その証拠に、騒音や手への振動が、3大メーカーではいちばん小さい。

最高級モデルのS9000 プレステージ、ムダに豪華でカッコいい。しかし肝心の洗浄機に対応しないのが残念だ。

3大メーカー以外の電気シェーバーはどうなの?

次に、フィリップス、ブラウン、パナソニック以外の電気シェーバーについて。ここからは、長期間使ったことがないので推測だけど。

イズミの電気シェーバー。5枚刃、洗浄機付きで1万円強という驚きの安さ。とはいえ、洗浄機はまだ作りが荒いようで、アマゾンレビューを読むと当たり外れがあるようだ。

日立のジーソードには興味がある。ロータリー式だが、フィリップスとはまたちがう回転方式。光触媒による洗浄。おもしろそう。

電気シェーバー以外の選択肢は?

一枚刃のカミソリは気持ちいい 剃るスキルも上達する

電気シェーバー以外の、スキンヘッドにするための道具にも少し触れておこう。

一枚刃のカミソリを、ホルダーにセットして剃る、クラシックシェービングを始めた。

▲関連記事
▲関連記事

時間がかかるが、ヒゲや頭皮を温め、ソープを泡立て、ゆったりと剃るのは楽しい。ヒゲの生えている方向や、肌の状態に敏感になり、電気シェーバーで剃る技術も上がったのは意外だった。

ジレットの温かいカミソリはひげ剃りの革命か

ジレットが2020年2月に発売した、HEATED RAZORで頭を剃ってみたい。

▲ジレット公式

見た目はよくある5枚刃のカミソリなんだけど、刃を温める温熱バーを搭載している。剃るときに43度または50度に刃を温めることで、蒸しタオルを使ったような心地よい剃り心地を実現した、という。

本体+替え刃2枚で23,980円とけっこういいお値段。替刃は8個で5,808円と、ランニングコストも高いが、これは気持ちよさそうだ。

ジレットによれば、肌を温めると神経が刺激されてシェービングによる痛みを感じにくくなるのだという。

理髪店でのひげ剃りも、自宅でのクラシックシェービングも、必ず蒸しタオルで温めるけど、あれにはそういう効果もあったんだね。

スキンヘッドのための電気シェーバーまとめ

ということで、アタマを剃るための電気シェーバーをまとめてみた。

ハゲてしまったら、スキンヘッドにしよう。毎日キレイに頭を剃り上げるには、おすすめはフィリップスの9000シリーズ、洗浄機付き。

髪への執着を捨てると、生きるのがとてもラクになる。さあ、薄くなった毛髪への執念を断つのは今!

  • 2015-10-21初出
  • 2020-01-26改訂
  • 2020-05-08改訂
▲関連記事
▲関連記事
▲関連記事

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。