私は運がいい 運を良くする方法はあるのか

デスクワークの日こそ身体を鍛える

8時3分起床。

終日自宅で業務。

午前にストレッチ、午後に有酸素運動と自重トレをするルーチン、今日はきちんとやれました。やると、20時ごろにはぐったりと疲れ、22時には入眠できます。

正直、体を動かす時間がもったいない気もします。この時間も仕事すれば、収入は上がるわけです。

実際、そうやってしまう日もあります。すると、身体が疲れていないので睡眠の質が悪くなります。生活リズムが乱れ、身体のパフォーマンスが低下し、仕事の質も下がります。

結局は、仕事だけしててもだめなのです。

身体を使って疲労する。ぐっすり眠る。翌朝起きるまでに回復する。このサイクルを回していくしかありません。

運の良さは再現できるのか

このご時世でも、経営している会社の業績は悪くありません。

私の能力が高いわけではありません。運がいい。つくづく運がいいのです。

40歳前後に人生観を大きく変えるできごとがあり、生き方を変えたことで、運が良くなりました。

この運の良さ、再現性を持たせることができれば人生はずっと楽しいでしょう。

そこで、なぜ私は運が良くなったのか、考えてみました。

  • 運命は決まっていないと信じる
  • 他責的でなく自責的に生きる
  • やると決めたことをやる

の3つかな。このテーマ明日に続く。

アイキャッチは先日購入したペンケース。α9とSIGMA105mmDGDN MACROで。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。