Opretピルケースでサプリの飲み忘れを防ぐ

サプリメントは、体内にある程度の量を取り込まないと、効果がない。どれだけ優秀なサプリメントを買っても、ちょいちょい飲み忘れてたりすると、量が不足して効果が出ていないかも。

しかしサプリメントの種類が増えてくると、何をいつ飲むのかがややこしくなり、さらに飲み忘れるという悪循環。それを解決するため、サプリメントケースを買ってみたら優秀で、あっという間に「サプリ飲み忘れ問題」が解決した。

1日4回 1週間分のサプリをセットできるOpretピルケース

Opret ピルケース。大箱の中に小箱がセットされている構造。素材はポリプロピレン。BPAフリー。

手で持ったサイズ感。ソフトなプラスチックで引っかかりなどはない。

大箱のロックを外すと、

開く。

大箱フタにはパッキンが施され、防水性が高い。

1日分を取り外して持ち歩ける

1日分を取り外せる。1日外出するので1日分、3日間の出張に行くなら3日分だけ持っていく、ということができる。

1日分のケースは4部屋に分かれている。朝、昼、晩、寝る前。フタにプリントされたアイコンもわかりやすい。

アメリカの大きなサプリでも余裕で収納できる大容量

サプリをつめてみた。昼と夜のところにある茶色くてツルッとしたのはアメリカのサプリメーカーのCLA。ゼラチンカプセルで大きい。これが何個か入るので、よほどサプリが大量でもないかぎり、容量は大丈夫だろう。

ケース底面にウェーブがつけられてて、サプリが整列しやすいようになっている。

片手で簡単に開いてサプリを摂取

フタを開くときは、

ケースを握って親指でパカっと。片手で簡単に開く。しかしカバンの中で勝手に開いたりしにくい構造。工夫されている。

あとは手のひらにひっくり返して口へ。

ボトルを開けて一粒取り出してボトルしめて次のボトル開けて、という作業から解放される。

使いやすさを徹底して考え抜いたピルケース

というわけでしばらくOpretピルケースを使ってみたが、成型の精度が高く、色はきれいで、使いやすく、「サプリを整理して飲む」ということのために考え抜いた設計で、気に入っている。

1週間に一度だけ、サプリをセットする時間が発生するが、それさえきちんとやれば飲み忘れを防げる。

Opret、1日2回、3回タイプなど様々なのピルケースがある。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。