野菜が最強のスーパーフードだ 1日に800グラム食べれば体重が減り 腸内環境が劇的に改善する

自分が野菜を1日に何グラム食べているか、ご存知だろうか。

国は、1日に350グラムの野菜の摂取をすすめている。実際にそれだけ食べている人は少ない。というか、

自分が食べている野菜の量なんて、ふつうは知らない。

私は健康マニアなので、食べている野菜の量を計っている。1日に500〜700グラム。腸内環境が劇的に向上し、それにともない体調とメンタルが明らかによくなった。体重も減った

今まで様々なダイエットや健康法やサプリメントを試したが、野菜を増やすのが最強だ。

野菜こそ最強のスーパーフードだ。

では、どんな野菜を、どうやって、どれだけ食べればいいのか。野菜を増やせばどんなメリットがあるのか。まとめてみよう。

最後まで読めば、無性に野菜が食べたくなっているはず!

野菜を食べればこんなメリットがある

野菜を増やすと、次のようなメリットがあった。

ダイエットできる

野菜を増やせばアンダーカロリーにしやすく、体脂肪は簡単に減る

体調もメンタルも向上する

野菜は腸内環境を整え、リーキーガットを防ぐ。また、腸と脳は神経でつながっており、腸内環境が整えば脳も喜び、メンタルも向上する。

アンチエイジング効果に期待できる

野菜は抗酸化物質を多量に含んでおり、アンチエイジング効果に期待できる。ダイエットとも関連するが、脂肪が減ると炎症が減るから、それもアンチエイジングとなる。

どうやって野菜を食べているのか

現在の食事は以下のような感じ。

1食目。12時ごろ。サラダに350グラム、スムージーに160グラム。合計510グラムの野菜を取れる。

2食目。18時ごろ。野菜100グラムほど。このあとにフルーツを食べ、あと間食にプロテインをはさみ、1日に1900〜2200kcalを摂取している。

野菜の摂取量は1日に500〜700グラムだ。

どんな野菜を食べているのか 緑の葉野菜がベスト トマトやピーマンは要注意

野菜といっても色々あるのだが、なんでもいいというわけではない。

最優先するのは「緑の葉野菜」だ。キャベツ、ブロッコリー、レタス、ほうれん草など。葉野菜は人類が過去数万年間、食べてきた食材だ。最も低リスクで、アレルギーの心配もない。

にんじん、玉ねぎ、大根などの根菜もいい。

トマトやナスやピーマンなどは、人によってはアレルギーの元となるので、注意したい。

厚労省の「野菜を1日に350グラム」は少なすぎ 体重×10グラムを取りたい

厚労省は、成人は野菜を1日に350グラム摂取することを推奨しているが、それはあくまでも、最低限の数字ではないだろうか。

私の場合、

野菜700グラム超えが3日続くと、腸内環境が劇的に改善する。

摂取カロリーも減るので、体重も減少する。おそらく、野菜は食べれば食べるほど健康に良い

とはいえ、食べる量には限界もある。そこで、ダイエットや腸内環境改善など、野菜のメリットを極大化する目標摂取量として、「体重×10グラム」を設定してみた。現在、体重80キロなので、80×10グラム=800グラムが、1日の野菜を食べる目標量となる。

さっきの食事例は野菜の量が計610グラム。あれからさらに190グラム上乗せはちょっときついが、野菜を増やすメリットは計り知れず、挑戦する価値はある。

コスト 時間 労力 野菜を食べるのは大変だ

野菜を食べ続けるには、コストと時間と労力がかかる。

野菜は高い。しかし、食べたものから身体が作られると考えれば、自分の身体にこそ、コストを割くべきだろう。長期的な健康への効果、という観点では、むしろ野菜を食べることは低コストかもしれない。

心身のパフォーマンスが向上すれば、QOLは向上するし、収入アップの可能性が高まりはしないか。

野菜は時間と手間がかかる。私は新鮮な野菜を入手するため、毎日スーパーや八百屋に出かける。買った野菜はさばく。買い物と炊事で毎日1時間以上は費やしている。

しかし、自宅が事務所で、座り仕事が多いと、買い物に歩いたり、キッチンに立ったりするのは、いい運動になるのだ。むしろそれぐらいは動かないと、座りすぎで寿命を縮めることになる。

野菜をまとめてさばいて容器に保存しておくなど、効率化も進めている。

会社に勤めていると、野菜を増やすのは難しそうだが、弁当を作る、職場付近にサラダバーがある店を探す、など手はありそうだ。

この記事のまとめ

野菜を増やせば、

  • ダイエットできる
  • 腸内環境が改善する
  • 体調が良くなりメンタルも向上する

というメリットがある。

食べるのは、緑の葉野菜。アレルギーがある野菜もあるので、注意したい。

具体的な摂取量は、厚労省推奨の1日に350グラムだと、少ないと感じる。

野菜のメリットを極大化するには、1日の目標摂取量を「体重×10グラム」としたい。体重80キロなら80×10=800グラム。

野菜を食べるのはコストと時間がかかるが、得られるメリットはそれ以上なので工夫して食べ続けたい。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。