かゆくてつらいアレルギー性蕁麻疹を治した方法まとめ

10年ほど苦しんだアレルギー性の蕁麻疹が、ほぼ治ったのでその経緯をメモしておこう。こういった情報はYMYLで検索されにくいのかな。でも苦しんでる誰かに届いて少しでも参考になれば幸い。

かゆいから肌をかき潰してシャツに血がにじむ

幼少のころからアレルギー気味で乾燥肌だったが、30代中ごろからそれがひどくなり、蕁麻疹があちこちにできるようになった。異常にかゆくてつらい。集中できないので仕事やプライベートにも悪影響。かきつぶしてシャツに血がにじむこともあった。

蕁麻疹は肌が腫れてかゆくなるからかく。肌がボロボロになるがかいてしまう。数時間で腫れが引き、ダメージを受けた肌だけが残る。肌が回復する前にまた蕁麻疹で腫れて、そこをかく。出血してもかゆいからかく。……というループで、全身の肌がボロボロになる。

蕁麻疹は数時間で引くが、別のところに出現する。蕁麻疹が出なくとも、全身の肌に微弱な電流が流れているような、ピリピリとした感覚があってつらい。本来は肌を守ってくれている薄いバリアが一枚剥がされているような感じ。

本やウェブで調べてみると、免疫系がどうかしてるんじゃないか。しかし治しかたなんてわからない。

病院ではアレルギーの原因はわからない

病院に行ったが、ステロイド系の塗り薬を出してくれただけだった。塗れば確かにかゆみはおさまるが、全身にできる蕁麻疹にこれを塗り続けるの? 私が知りたいのは蕁麻疹ができる原因とその根絶方法なのだが。

しかし病院とは万能ではない。スパッと切って病原を取り除く治療には積極的だが、アレルギーで肌がかゆい、みたいな症状にはあんまり本気で取り組んでくれない。

血液検査でアレルギー原因を探ってみたが、特定のアレルゲン物質に絞って、アレルギーかどうかを調べるシステムで、ダニやブタクサ、猫の毛などで調べてみたがどれもハズレだった。

漢方を試したら効きはしたが

ネットで検索して、「十味敗毒湯」という漢方を試してみた。これは効いた。

蕁麻疹が軽くなり、ほぼ消えた。肌のピリピリ感もなくなる。しかし飲んでる間だけで、飲むのをやめるとまた蕁麻疹が出る。けっこう高い薬だし、薬をこの先何年も、あるいは何十年も飲み続けるのはどうかなということで、他の解決方法を探し続けた。

AD20が蕁麻疹に劇的に効いた

ドラッグストアのかゆみ止めのクリームを片っ端から試した。オロナインAD20が劇的に効いた。

これを塗っていると、蕁麻疹が出ない。肌がパリパリしているときに塗ると、スーッとしみこんで、じんわりと肌を保護してくれているような感覚さえある。

他のかゆみ止めクリームも試してみたが、AD20以外はまったく効かない。AD20を切らして2日もすると、地獄のようなかゆみがよみがえる。製造中止が怖い。

最近は、乾燥肌のケアもかねて、AD20とワセリンとビタミンC化粧水をブレンドして風呂上がりに塗っており、これがとてもいい。

安酒がアレルギーの原因のひとつだった

酒を飲まないと蕁麻疹が軽くなることに気づいた。禁酒を5日ほど続けると、いつのまにかアレルギーが軽くなっている。そこへ酒を飲むと、ブワッと蕁麻疹が出る。ひょっとして酒アレルギー?

色々な酒で試してみた。安い赤ワインや、いわゆる「第3のビール」を飲むと、すぐに蕁麻疹が出る。第3のビールは原料に豆を使っているので、そのアレルギーなのかも。ワインの場合、酸化防止剤の亜硫酸塩がアレルギーの原因かと思ったが、亜硫酸塩が入っていても、ちょっといいワインだとアレルギーが出にくい。極安ワインにはやばい成分が入っているのか。

醸造酒に含まれるヒスタミンが、アレルギーの原因となるという。確かにウィスキーだとアレルギーは出にくい。しかしアルコールそのものもアレルギーを引き起こすことがある。ヒスタミンを含まない蒸留酒でも毎日飲んでいると肌がパリパリしてくる。

どのアルコールを、どれぐらい飲んでも大丈夫なのか。調べようとしたが、いっそのこと禁酒したほうが早いことに気づいた。会食を楽しむ際は別として、自宅ではできるだけ禁酒してアレルギー性蕁麻疹を減らしていきたい。

▲関連記事

加工食品とレクチンを避ける

食品によるアレルギーの減少にも取り組んだ。パレオダイエットにより、加工食品はかなり減らした。たまに外食するぐらい。豆、特に大豆はアレルギーの原因となるから味噌以外はやめた。穀物は白米を少しだけ。できるだけ野菜を増やす努力をしている。

野菜ならなんでもいいわけではなく、ナス科の植物はアレルギーを起こすことがあるので、避けるようにした。

▲関連記事

トマトやパプリカを避けると、確かに蕁麻疹が減ったような気がする。トマト好きなのでつらいが。

ナイアシンでフラッシュしてヒスタミンを放出する

ナイアシンというサプリに、アレルゲン物質のヒスタミンを体内から放出する効果があると聞き、飲んでみた。

▲関連記事

これも劇的に効いた。最初に飲んだときは、頭がぼうっとし、肌が赤くなり、鼻水が止まらなくなった。酒に酔ったよう。これをナイアシンフラッシュという。体内に溜まったヒスタミンをナイアシンが放出するので、このような状態になる。

その後も飲み続け、しばらくはAD20を塗りたくっても蕁麻疹がブワッと出てかゆくてしかたなかった。我慢して飲み続けてると、5日ほどでアレルギーが軽くなった。体にたまっていたアレルゲン物質が出尽くした、と解釈している。

飲み続けると、ほとんどフラッシュしなくなるが、飲むのをやめてしばらくすると肌がピリピリしはじめて、再度飲み始めるとまたフラッシュするので、飲み続けてアレルゲン物質を放出し続けるしかないようだ。ナイアシンは体内でも合成され、食品にも含まれるので、薬と違ってサプリで取り続けることにそれほど抵抗はない。

長期間の戦いの末にアレルギー性蕁麻疹を克服した

というわけで、病院では治らなかったアレルギー性蕁麻疹をどうやって治したのかまとめてみた。

病院は役に立たなかった。

漢方は効いたが、高いし薬を飲み続けることに抵抗があった。

AD20は劇的に効いた。大げさだが、このクリームに巡り合ってよかった。救われた。

禁酒も効いた。なにが入っているかわからない安酒は危険だ。アルコールそのものもアレルギーの原因となるので酒自体が危険だ。

加工食品をさけ、豆や穀物やナス科植物を避けるのも効いた。

ナイアシンでアレルギー物質を放出した。これが劇的に効いた。

これらにより、アレルギー性蕁麻疹の症状はかなり軽くなった。以前はAD20を朝晩に全身に塗り込んでいたが、今は数日に一度、ちょっとピリピリするときに塗るぐらいでよくなった。完全にアレルギーが治ったわけではないが、肌は綺麗になり、蕁麻疹はほとんど出なくなった。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。