チンニングスタンドの選び方

チンニング。懸垂とか、プルアップとか、呼び方はさまざまあるが、棒を握ってぶら下がり、肩関節を旋回し、ヒジ関節を屈曲させて身体を引き上げ、そして下げるエクササイズを、ここではチンニングと呼ぶ。

自宅で筋トレしたい。ホームジムを作りたい。そんなとき、最初に欲しい器具はチンニングスタンドだ。

私は数年前までジムに通ってウェイトトレーニングをしていたんだけど、関節が弱くてあちこち故障して困っていた。そこで「プリズナートレーニング」をやってみたら関節が治癒して著者のウェイドの信者となり、今では自重トレを日々実践している。当然、チンニングも欠かさない。

▲関連記事

チンニングは背中を鍛えるための優れたエクササイズだ。ウェイトトレーニングの上級者でも、最も重要な背中のエクササイズに、チンニングをあげる人は多い。

自重トレは、器具がなくても身体ひとつでできる。しかしチンニングだけはぶら下がらなければならず、屋内でやるならぶら下がることができるスタンドを用意することになるだろう。

私も自宅に安物のチンニングスタンドを購入した。サイズを測って要望に合うものを選んだのできちんと使えてはいる。

ここではその安チンニングスタンドを見ていき、次買うならこういうのがいいんじゃないか、と考えてみたい。

安チンニングスタンドの品質はけっこうよかった

▼我が家のチンニングスタンド

アマゾンで購入した。「AKM バージョンアップ ぶら下がり健康器 懸垂マシン」という商品名。12,800円だった。

▼ぶら下がる横棒を固定するナットが緩みやすい

これを選んだのは、高さ調節の幅が広く、耐荷重が150kgまでとタフな作りだったから。

とはいえ、商品説明の別のところには「耐荷重300kg」と書いてるし、説明の日本語も変だった。

検索にヒットしたときは発売されたばかりの新製品でレビューもゼロで(もっともアマゾンレビューはウソばかりで参考にならないが)、怪しかったんだけど、検索に疲れてもうええわと発注した。

▼高さ調節できるが、ここも緩んでくる

届いたら、けっこうまとも。各パーツの精度もそれなり。穴の位置がおかしくてネジが入らない、ということもなかった。

しかし耐荷重は300kgどころか150kgもどうかと。体重80キロの私がチンニングするとそれなりにきしむ。

グリップのウレタンがヤワでそのうち千切れそう。

▼こんなゴムロープも付属

これを引っ張ると、スタンドがズリズリ動く。役に立たない。

あとで捨てよう。

▼ディップスもできる

塗装も溶接もしっかりしてる。1年以上、私や妻が毎日ぶら下がっているが、クラックやサビもない。

弱点としては、握る横棒と、高さ調節の部分のネジが、緩みやすいこと。トレ前は必ずチェックしている。

チンニングするときしむ。負荷がかかると「ギギッ」と鳴く。これは高さ調節の部分で支柱に継ぎ目があるから仕方ない。

耐荷重については、この製品は先にも書いたように無茶苦茶だが、低い方の150キロだとしても、過信はできない。負荷がかかるネジ受けの周辺や、溶接部分を定期的にチェックしたい。エクササイズ中になにかあったら、大ケガのもとだ。

チンニングできなくてもチンニングスタンドがあったほうがいい理由

チンニングできるようになってからチンニングスタンドを買おう、と思ってると、チンニングの練習しないからいつまでたってもチンニングできない、というジレンマに陥る。

チンニングできるようになるには、チンニングするのが近道だ。

ジャンプして横棒に飛びつき、トップポジションを維持する。肘を曲げ、広背筋を収縮させ、横棒から上にあごを出す。少しずつ身体を下ろす。

ケガ防止のため、ボトムポジションでは、肩関節を伸ばしきらないこと。そうなる前に手を離して降りる。

これを、握力や広背筋の限界まで続ける。半年もすれば、スイスイとチンニングできるようになっているはず。

おすすめのチンニングスタンド

次に買うならどんなチンニングスタンドが欲しいか。まずはこれ。

こういう器具、値段を決めるのは材料、つまり鉄の量だ。鉄を増やせば頑丈にがっしりと作れるが高くなる。

鉄を減らせば安くできるが弱くなる。

このパワータワーは重量39キロ。ユーザーの最大体重は135キロ。

高さ調整の機構もなく、そのぶんタフなはず。

しかしアディダスのブランド料も乗っているのか、けっこう高い。

次に欲しいのはこれ。

重量は39キロ。耐荷重は150キロ。高さ調整機構はないから軋みやぐらつきは少ないだろう。

チンニングとディップスを反対側でやる仕組みなので、スペースに余裕が必要だ。そのかわり、チンニングの邪魔になるものがなく、自由度は高い。

比較のため、私が買ったチンニングスタンドも載せておく。

重量は記載なし。しかし発送重量は19キロとなっている。仮に梱包材が2キロだとすると重量は17キロとなる。先のオススメのチンニングスタンドの半分以下だ。

高さ調整機構もあって、これがギシギシときしむ原因。

発送重量が20キロ前後で、値段が1万円前後のチンニングスタンドは、アマゾンで数多くヒットするが、だいたい私が買ったのと同じようなスペックだ。

というわけで、鉄をたくさん使ったチンニングスタンドは重くて頑丈だが高くなる。

鉄を少なくしたチンニングスタンドは、軽く、強度はそれなり。でも安くなる、ということになる。

初出2019-05-17

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。