プリズナートレーニング4ヶ月目なので進捗を確認するよ

筋トレ好きのカズナリ(@kenkonkenn)です。

元囚人だというポール・ウェイドが著した「プリズナートレーニング」を読み、自重トレを始めて4ヶ月。進捗を記録しておく。

プッシュアップ 右ヒジをケガして腕立て伏せは封印中

腕立て伏せ。

3月末に粗大ごみを解体してたら右肘をクラッシュしてしまい。日常生活にも難儀しており、プッシュアップどころではなかったのだが、やっと治ってきたのでステップ2であるインクライン・プッシュアップあたりから再開しようかな、というところ。

スクワット ヒザが回復しジョギングできるようになった

スクワットは最重要視している。現在はフル・スクワットに挑戦中。

長年のムリでヒザが弱いのだが、ていねいに自重スクワットを積み重ねたら治癒してきて、正座もジョギングもできるようになった。筋トレ愛好者からすると、自重クスワットなんて初心者がやるものではないか、という慢心があったが、やってみたら奥が深い。自重で尻とかかとが接するまでしゃがみ、立ち上がる。単純そうなこの動作が、なんと複雑で難しいことか。

フォームを微修正しつつ、脚の筋肉群を意識しつつ、ひたすらしゃがんで立ち上がる。ただその繰り返しが、面白くなってきた。

プルアップ 右肘をケガしてるのでプルアップも封印中

懸垂。

プッシュアップと同様に、ケガのためプルアップもやっていない。

レッグレイズ ステップ1で苦戦中

まだステップ1。このエクササイズ、簡単そうに見えてけっこう奥が深い。キツくてレップ数が伸びない。地道にやるのみ。

ブリッジ ステップ3のアングルド・ブリッジの難易度が高い

私は過去に椎間板ヘルニアを患っており、脊柱と脊柱起立筋、さらに腰回りの筋肉のケアを怠ると立てなくなるぐらいにダメージを負うことがある。くしゃみ一発で3日ぐらい寝込んだり。

しかし脊柱周辺の筋肉は、ウェイトトレーニングでは鍛えにくい。鍛えるどころか痛めてしまうこともある。なので、プリズナートレーニングのブリッジには期待が大きく、重要視している。

現在ステップ3の「アングルド・ブリッジ」に取り組んでいるが、これがキツい。ベンチに手と頭を置くブリッジなのだが、平坦な床でやるブリッジよりもイージーなはずなのに、頭をベンチから持ち上げることさえできない。

先は長いが、地道にやるのみ。

ハンドスタンド・プッシュアップ クロウスタンドが進化中

逆立ち腕立て伏せのこと。

ステップ1の「ウォール・ヘッドスタンド」と、ステップ2の「クロウ・スタンド」を練習中。クロウ・スタンド、2ヶ月前の記録は3秒だったが、現在は15秒ほどできるようになった。上級者レベルの1分にはまだ遠いが。

自分で自分を監獄にぶち込むライフスタイル

カラダひとつと「起きて半畳寝て一畳」のスペースがあればいつでもできるプリトレ。やらないためのいいわけが不可能。やるかやらないか。

カラダを変えるには継続しかない。毎日のルーティンにプリトレを組みこみ、習慣としていく。ライフスタイルを変えていく。

私は事業に集中したく、時間効率が悪いジム通いはいったんやめた。今はトレーニングはプリトレだけ。ヒジやヒザが治ったら、軽いウェイトはそろえたいが、今は自重トレが面白くなってきた。

過去のプリトレ記録

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。