「プリズナートレーニング」(ポール・ウェイド著)を読んだ キャリステニクスをやってみよう!

筋トレが好きなカズナリ(@kenkonkenn)です。

ウエイトトレーニングしてる者からすると、自重トレーニングの位置づけは微妙だ。積極的にやるのは背中を鍛えるプルアップ(懸垂)ぐらいか。

腕立て伏せなんかはまったくやらない。負荷が軽くて筋肥大しないでしょ? 時間のムダじゃない? と。そんな脳筋野郎の私が、キャリステニクス(自重トレのカッコいい呼び方)を始めた。本書「プリズナー・トレーニング」のせい。

表紙のパンツ一丁のビスケット・オリバが、書店で強烈な違和感を放ち、「元囚人の“コーチ”が伝授」「スパルタ軍、ローマの剣闘士」「世界の監獄で秘かに受け継がれてきた」という煽り文句に惹きつけられ、思わず手に取ってしまったが最後、夢中で読んでしまい。

キャリステニクス ー 古代から強い男たちに受け継がれてきた鍛錬のメソッド

表紙はビスケット・オリバ氏

著者のポール・ウェイドは、22歳で監獄に入り、20年以上をそこで過ごしたという。

監獄。弱者は強者の食い物にされる過酷な環境。ガリガリだったウェイドは危機感からカラダを鍛え始める。同じ監房にいた元ネイビー・シールズに師事してキャリステニクスを学び、その後も体操選手、兵士、ヨガの先生、武道家などに教えを乞い、独自のキャリステニクスシステムを構築し、新入り囚人から「コーチ」として教えを乞われるまでになった。

キャリステニクスの源流は、ウェイドによれば、古代オリンピックのアスリート達だ。

戦闘種族のスパルタ人。コロッセオのグラディエーター。十字軍。強さを求めた男たちに、キャリステニクスの技術は連綿と受け継がれてきた。

しかし20世紀後半。容易に重量を変更できるバーベルが登場し、ウェイトトレーニングが普及し、キャリステニクスはすたれて、ライトなエアロビクスエクササイズとなってしまった。

しかし! 唯一、古来のキャリステニクスが生き残った場所があった。監獄だ。

……と、本書の冒頭で、一子相伝の暗殺拳なの? ぐらいのノリでキャリステニクスが語られる。

私はこういうの大好き。「スパルタ軍」「監獄」「囚人」といったキーワードにワクワクするなら、本書は肌に合うはず。

壮大な前フリと極めて地味な自重トレ

「囚人」というキーワードはなぜこれほど魅惑的なのか

しかし、「プリズナートレーニング」が教える自重トレは、極めて地味で、退屈だ。監獄でできるメニューなので当然なんだけど。

ウェイドは、キャリステニクスを、ターゲットとする筋肉によって「ビッグ6」のメニューに分けた。

  1. プッシュアップ 胸と三頭筋
  2. スクワット 脚
  3. プルアップ 背中と二頭筋
  4. レッグレイズ 腹筋
  5. ブリッジ 脊柱起立筋
  6. ハンドスタンド・プッシュアップ 肩

……と。

そしてそれぞれに、10のステップを設けた。たとえば、プッシュアップの最も簡単なステップは、立ち上がって壁に手をつき、腕立て伏せの動作をする「ウォール・プッシュアップ」だ。

どのメニューも、最初のステップは容易で、誰にでもできる。しかし次第に難易度が上がり、最後のステップは曲芸レベルに難しくなっていく。

それぞれのメニューを、初歩から懇切ていねいに解説していて、たとえばプルアップの方法をこれほど詳細に解説した本は見たことがない。関節の保護と強化にも触れていて、ヒザやヒジ関節の消耗に悩むアラフィフのオジさんとしてはありがたい。

さらには、トレーニングへの向き合い方、続け方など、しつこいぐらいに“コーチ”が教えてくれる。外連味のある表紙や煽り文句とは裏腹に、中身は堅実なカラダ作りの本なのだ。

「プリズナートレーニング」の欠点 それで実際にどんなカラダになるわけ?

世界の監獄で秘かに!

というわけで、腕立て伏せや懸垂ができないレベルの人でも始めることができ、次第にステップアップできる道筋を示してくれる良書なんだが、キャリステニクスの最高レベルに達した身体が具体的に示されていない、というのは残念だ。

たとえば、著者のウェイドの写真は一切載っていない。トレをしている男性モデルも、いいカラダをしてるんだが普通のトレーニーに見える。

プロテイン不要、という煽り文句も、なぜ不要なのかは具体的な記述がない。

あと、もうちょっと図解してくれるといいんだけど。基本的な動作の写真は載ってるけど、難しい動作を全部テキストで解説しようとしてるところが多くて。でもウェイドのテキスト、麻薬的ななにかがあるからこれはこれでいいのかな。

さらに、ウェイトトレーニングをそんなにけなさなくても。ブリッジができるボディビルダーは少ないかもしれないが、それはブリッジの練習をしていないからで、日々ブリッジの練習をしている者がブリッジできるのは当然なんだから。

プリズナートレーニングまとめ

というわけで「エレベーターケーブルのような太もも」「地獄のシックスパック」みたいな表現にワクワクしながら本書を読了し、キャリステニクスをはじめた。

ウェイトトレーニングは続けるけども。ウェイドも、ウェイトトレーニングとキャリステニクスの併用について述べてるし。

まずは、ヒザを痛めているので、スクワットの最初のステップの「ショルダースタンドスクワット」をやってるんだけど、これけっこう奥が深い。

ヒザ関節に体重をかけずに可動域をフルにつかう動作というのは、これ以外に無いんじゃないだろうか。関節の保護と強化は、キャリステニクスのテーマのひとつなので、これでヒザ治ったらうれしいんだけども。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。