健康オタク(47歳)がはじめて人間ドックに行った結果

▲病院食かと勘違いされた昼食

Facebookに日常の食事を投稿してたら、友人から

「タムラくん入院してるの?」

「してへんで」

「だって毎日病院食食べてるじゃない?」

という会話が発生するぐらいには、私は健康オタクなのだが、今年48歳になるオジさんなので

「ホントに私のカラダは健康なの?」

という疑問があり、人生初の人間ドックを受けたので、状況をメモしておく。

7時33分 今日は人間ドック 病院へ向かう

タッチの差でお年寄りお二人の後の受付となり、長い待ち時間が発生した。

7時50分 ロッカーで病院のガウンに着替える

すべての持ち物をロッカーに置いてきたが、私の次の受付だったオジさんはスマホを持ち歩いてた。私もスマホ持ってこようかと思ったが、たまにはデジタル断ちもよかろう、と。でもメモとペンだけは持ち歩けばよかった

7時58分 血圧 身長 体重を測定

血圧測定、身長体重測定から開始。

フロアを移動し、視力検査、眼圧測定、眼底撮影、聴力測定、心電図、腹部エコー、肺レントゲン、CTスキャン、骨密度測定など。

9時04分 採血 注射がホントにイヤなんだけど今日は何本打つのかな?

採血。私は注射がホントにダメだ。刺したり切ったりイヤ。

今日の人間ドックは、採血と、このあとの胃カメラと大腸内視鏡で、最低でも3発、ヘタすると4発ぐらいは針刺されることを覚悟してたが、結果としては合計2発だった。ああよかった。

10時15分 内視鏡エリアへ移動 本日のメインイベントはここで

内視鏡エリアへ。

今日の人間ドック、本来は大腸内視鏡はコースに無い。

2017年に便に潜血があり、始めて大腸内視鏡を受け、ポリープを1個切除したのだが、その際に医師に、「40代半ばから、どんどんポリープが増えるケースもある。できれば1年後に大腸内視鏡検査を再び受てほしい」と言われたため、追加した。

このときに気づいたが、胃カメラも大腸内視鏡検査も、同じ部屋でやるようだ。上からか下からか、の違いだけで、設備は同じようなものなのだろう。

下剤で腸をきれいに>胃カメラ>大腸内視鏡、という順番で進めるとのこと。

10時20分 下剤で腸をきれいにする

下剤スタート。前回の大腸内視鏡検査ではニフレックという下剤だったが、今回は新型のモビプレップ。飲む量が少なくてすむらしい。

15分おきに下剤を飲み、トイレに行く。

11時20分 腸がなかなかきれいにならない 前日の食事が大事

便は水のようになったが、カスがまだある。カスもなくなるまで下剤や水を飲み続けることになる。

事前の説明書に、検査前日は繊維質を含まない、柔らかな食事がオススメと書いてあったが、あれはこういうことか。消化しにくいものは、いつまでも腸内に残って検査の妨げになるようだ。

ヒマ。病院備え付けのグルメ雑誌を読みあさる。病院にこういった雑誌をおくのはいかがなものか。でも美味そう。

12時20分 準備OK 鼻に麻酔を流し込み 点滴を打つ

便のカスがほぼなくなった。準備OKだ。

ベッドに寝て、鼻に麻酔薬を流し込む。

下痢による脱水状態を防ぐため、右腕に生理食塩水を点滴。これが2発目の注射。

13時00分 手術室で初めての胃カメラ 食道がツラい

手術室へ。ベッドに横たわる。左腕を下の姿勢。右の鼻の穴から内視鏡入る。

これはツラいな。食道の狭いところを通るのがクライマックス。あとはなんとかなる。

空気入れたりして、思ったよりも短時間であっけなく完了。前回の大腸内視鏡検査に比べればラクなもの。

13時40分 鎮静剤で寝てる間に大腸内視鏡検査は終わっていた

続けて大腸内視鏡検査へ。

前回の大腸内視鏡検査がつらかったので、今回は鎮静剤の使用をお願いしておいた。ここで注射一本打つことを覚悟していたが、点滴からの投入だった。助かった。

鎮静剤使用してすぐに意識がなくなり、気づいたら肛門からカメラが入ってた。すでに最奥地点に到達したあと。前回の検査では、ここで三角筋に腸の動きを止める薬を注射したのだが、今回はなかった。助かった。

ポリープは複数見つかったが、悪性ではないので放置。

14時40分 人間ドック完了 おつかれ私

ベッドで休憩。本日の工程は完了。あとは医師に話をきくだけ。

達成感がある。

15時15分 慢性胃炎あり ピロリ菌かも?

医師と面談。慢性胃炎あり。多分ピロリ菌。血液検査にピロリ菌オプションを追加した。

大腸のポリープは悪性ではないので放置で。1〜2年後に再度、大腸内視鏡検査を受けてほしい、とのこと。

現時点での注意点はそれぐらい。あとは後日の診察結果で。

人間ドックを受けた結果どうだった?

人間ドック、受けてみてよかった。

日々、食べるものに気をつかい、運動もしているが、カラダのどこかが悪くなってるんじゃないか、という不安はある。それがひとまずは解消できた。

ホリエモンもこういっている。ホリエモン、なにかのインタビューで「毎日肉食べて酒飲んでるけど毎年大腸内視鏡検査受けてポリープ切ればガンにはならないよ」と述べていた。

私は病院が嫌いで、針刺したりメスで切ったりはイヤなのだが、胃がんや大腸がんは心配だし、その予防のために人間ドックは定期的に受けたほうがいいな、と。

予防医療大事。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。