50歳でもマッチョになれるのか 体重と体型の変化を記録していく【2020-2-17更新】

マッチョになりたい。20代から筋トレ続けてもう48歳。なぜこれほど筋トレに打ち込んでも筋肉増えないの? 同じタイミングで筋トレ始めたあいつはガンガンでかくなってるのに!

遺伝子検査してみたら、遅筋タイプだった。筋肉が太くなりにくい。パワーも出ない。おまけに、いわゆるバナナ型(β2アドレナリン受容体遺伝子タイプ)で、タンパク質をエネルギーとして燃焼してしまうから、筋肉が増えない。

さらに、遺伝的に鉄分が不足しやすい体質だった。いつも貧血気味。スタミナがない。筋トレどころか、歩いてるだけで息苦しくなることもある。鉄分サプリ増やしたらかなり改善したけど。

すべてが、マッチョには不向き。年齢的にもキツい。でも、戦うための体づくりは、あきらめるわけにはいかない。マッチョが無理でも、細マッチョぐらいにはなれないか。

というアラフィフのボディメイクを、記録していく。

体重の変化を観測する

2020年1-2月

▼2020年1〜2月の体重。

増えたら抑え込む。なんとか現状維持してる。

▼2019年3月〜2020年2月。

一見、ほとんど変化ないようだけど、昨年までは起床時の体重のみ計測してたのを、今年から起床時と就寝前に記録している。

就寝前は、起床時より1.2キロほど重い。グラフでは増加傾向となるが、実際は減少しているはず。……いや、しかし1〜2月はどう見ても増加傾向か……

長期的観測 100キロ超から75キロを目指す

▲iPhoneに残っている最古の体重の記録

2011年は94kgほどあったみたい。これより前はもっと太ってて、100kg超えてることもあった。

75キロまで落としてみたい。

カラダの写真

正面から

▼2020-2-17

80.4kg。

2018年12月にウェイトトレーニングをやめ、自宅での自重トレに移行した。

こうやって写真並べてみると、筋肉が減っているのがよくわかる。

▼2018-12-24

▼2018-11-4

▼2018-7

側面から

▼2020-2-17

胸が小さくなったのがよくわかる。

▼2018-12-24

▼2018-11-4

背面から

▼2020-2-17

▼2018-12-24

▼2018-11-4

50歳間近だけど戦うカラダを作っていきたい

ボディメイクとは、狭義には「筋トレしてカッコいい身体を作る」というような意味だと思うけど、このブログではカラダ作り全般を「ボディメイク」と呼んでいる。

たとえ年取っても、マッチョに向いてなくとも、戦うためボディメイクはやめられない。

少子高齢化で「老後」という概念は崩壊した。老いてるひまはない。カラダ作りをやめたら敗北あるのみ。

最近、トレへのモチベーションが下がってたけど、この記事書いたらまたやる気出てきたからやる。

初出2018-11-6

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。