ホエイプロテインのメーカー まとめ

ホエイプロテインの海外メーカー、ブランドのまとめ。並びはブランド名のアルファベット順。味や成分やコストから「これいいよ」という製品も紹介する。

ALLMAX Nutrition (オールマックスニュートリション)

▲オールマックス公式

会社情報は調査中。

攻めた商品展開をしてくるブランドで、塩キャラメルやシナモンフレンチトーストなど、奇策に走ったような印象があるが、どのプロテインもしっかりとうまい。

容器やスプーンが優れてて、フタは握りやすい歯車状で、開けるとボトルの口にスプーンを装着できるようになっている。

オールマックスのホエイプロテインには「オールホエイゴールド」と「オールホエイクラシック」の2つのシリーズがある。

クラシックシリーズは安く、アイハーブでさらに割引されることが多い。しかし砂糖が多い。1スクープ43グラムに砂糖5グラム(その他の炭水化物も合計すると9グラム)とか入っているので、注意しよう。

ホエイを多く取りたい、ということならオールホエイゴールドがおすすめだ。

オールホエイゴールド ソルトキャラメルポップコーン

塩キャラメルポップコーン。どんな味か不安だが、飲んでみれば実に美味い。何度もリピしてる。

スペックは以下の通り。

  • タンパク質含有率 80%(1スクープ30グラム当たり24グラム)
  • 砂糖含有率 6.6%(1スクープ30グラム当たり2グラム)

塩キャラメルのフレーバーの向こうに、確かにポップコーン感がある。どうやってこんな味付けしてるんだろう。

▲関連記事

California Gold Nutrition (カリフォルニアゴールドニュートリション)

会社情報は調査中。iHerbのプライベートブランドのような位置づけなのかな。

2019年ごろに突然現れ、プロテインはじめいろいろなサプリで価格破壊してるメーカー、という印象がある。

ホエイプロテインアイソレート 味付けなし

最近のメインのホエイプロテイン。何度もリピートしている。

甘いプロテインに飽きた、余計な甘味料や香料を取りたくない、などの理由から。

ホエイは元来、不味い。この味付けなしのホエイパウダーも決してうまくはないが、まだ苦労せずに飲めるほうだ。他メーカーだととんでもなく不味いものもあった。

タンパク質90%とスペックは最強だし、安いし、味に慣れれば最強のホエイプロテインではないのかな。

▲関連記事

Optimum Nutrition (オプティマムニュートリション)

1986年の設立。

1996年に「ゴールドスタンダード ホエイプロテイン(Gold Standard 100% WHEY)」を発売。現在では、世界で最も人気のあるホエイプロテインのブランドひとつとなった。

2008年、グランビア社に買収された。同社は6000人の従業員を雇用し、130カ国に製品を販売している。サプリだけでなく、ミルクやホエイ(プロテインでなく乳清の状態)、穀物等の原材料の供給や、チェダーチーズの製造販売も手がける。

Optimum Nutritionブランドの製品はすべて、米国イリノイ州の工場で、原料から完成品までを直接生産している。

ゴールドスタンダード 100%ホエイ コーヒー

最も美味いホエイプロテインのひとつ。スペックは以下のとおり。

  • タンパク質含有率 75%(1スクープ32グラム当たり24グラム)
  • 砂糖含有率 6.2%(1スクープ32グラム当たり2グラム)

コーヒーというか、コーヒー牛乳のような、あるいはカフェオレのような味。甘すぎない。コーヒーの苦みもちゃんとある。プロテインでなくとも、普通のドリンクとして飲みたいぐらいにうまい。

オプチマムは、iHerbではセールの対象となることがそれほど多くない。セール対象となったら買いだめしておきたい。人気の味はすぐに在庫切れになるのでチェックはこまめに。

ゴールドスタンダード 100%ホエイ ダブルリッチチョコレート

これも美味い。コーヒーと甲乙つけがたい。スペックは以下に。

  • タンパク質含有率 79%(1スクープ30.4グラム当たり24グラム)
  • 砂糖含有率 3%(1スクープ30.4グラム当たり1グラム)

MusclePharm (マッスルファーム)

会社情報は調査中。

コンバット100%ホエイプロテイン チョコレートミルク

スペック。

  • タンパク質含有率 75%(1スクープ33グラム当たり25グラム)
  • 砂糖含有率 3%(1スクープ33グラム当たり2グラム)

味は、普通のチョコ味。そして、アメリカ製のプロテインらしく、ガツンと甘い。こんなに甘いのに、1スクープに砂糖が2グラムしか入ってないって、どういうことなんだろう。

マッスルファームもマッスルテック同様、頻繁にセール対象となる。

Muscletech (マッスルテック)

1995年設立。

カナダのIovate Health Sciences Internationalのブランドだったが、同社は2016年に中国の西王食品に買収されている。

マッスルテックは1ボトルの価格が高いように感じるが、2.5kgと他のブランドよりも大容量だ。さらにセール対象となることが多く、コスパは高い。

ホエイプロテインの高級ラインは「ニトロテック100%ホエイゴールド」シリーズだ。

ニトロテック100%ホエイゴールド クッキーアンドクリーム

美味い。オレオのようでもあり。どうやってこのクッキー感を出しているのだろう。

スペック。

  • タンパク質含有率 72%(1スクープ33グラム当たり24グラム)
  • 砂糖含有率 6%(1スクープ33グラム当たり2グラム)

ニトロテックには、ミントチョコチップサンデー味というのがあり、けっこう好きだったんだけど、終売のようだ。残念。

▲関連記事

RSP Nutrition(アールエスピー ニュートリション)

2008年、元学生アスリートだったVictor Davanzoが設立した。

▲RSP公式

iHerbのブランドサイトはこちら

アクティブな人々、忙しい専門家、フィットネス愛好家のためのクリーンで革新的な栄養製品の供給を目指している、という。

クリーンを意識したサプリメントを意欲的に開発している。特に、トゥルーフィットは特徴的で、他にない独自のプロテインだ。

▲関連記事

牧草で育った牛のホエイに、スーパーフード、食物繊維、腸内細菌などをブレンドした。香料や甘味料が最低限で、ナチュラルな味わい。実際に飲んでいるが、体調が良くなる。

パッケージもいい。海外製にありがちな、メタリックでド派手なやつではない。フラットでナチュラルで、キッチンに置いても違和感がない。

筋肉を増やすだけじゃない 美容 ダイエット アンチエイジングにホエイプロテインは役立つ

16歳のときラグビーを始めて、身体を大きくしたくてプロテインを飲み始めた。ラグビーをやめても、筋トレとプロテインはもう30年ぐらい続けている。今後も、アンチエイジングのために、ホエイプロテインを飲み続けるだろう。

昔は手に入るのは不味いソイプロテインばかりだった。最近のプロテインはうまくていい。iHerbで海外のサプリを手軽に入手できるようになったのもうれしい。

年を取るとタンパク質が効きにくくなる。すると筋肉が痩せてくる。それを防いで筋肉を維持するためには、タンパク質の量を増やすしかない。

美容にも、ダイエットにも、タンパク質は必要。ホエイプロテインほど優れたタンパク質はない。若者にも、女性にも、高齢者にも、ホエイプロテインをおすすめしたい。

プロテインやその他のサプリが安くなる、iHerbのセール情報を下記の記事で随時更新しているので、こちらも参考に。

  • 2018-09-23初出
  • 2020-05-16追記

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。